資産運用を始めるきっかけ

積立預金しかしていなかった人が、資産運用を考えて投資を始める。

それには急に思い立ってでなく、何かのきっかけがあります。

投資を始めるきっかけ

wedding
そのきっかけは、次のような人生の節目が多いようです。

転職結婚出産

・転職で所得が減った為、カバーする為に始めた。
・結婚してマイホームを考えるにあたり、資産運用を始めた。
・出産を機に、子供の学費を賄う為に資産運用を始めた。

お金のことを考える事がきっかけとなり、資産運用を始めています。

もちろん、マイナス金利で預金の意味が無くなった事から、資産運用を考える人も居ます。

これもきっかけの一つです。

真剣に考えれば、資産運用に行き着く

十分すぎる所得のある人は投資をしないかと言えば、そうではありません。

年収1千万円を超える人の投資を行う割合も高くなっています。

どの収入の人でも、将来に必要になるお金を真剣に考えれば、どうしても投資で資産を増やして行く結論に至るのです。

何となく危険そうで嫌だ」と言う人は、しっかりと投資について考える機会が無かった人でしょう。

将来のお金についてしっかりと考えてみませんか?

お金が必要になってからでは遅い!

dame
と言うのも、投資と言うのはお金が必要になってから始めていては遅いんです。

基本は長期運用で資産を形成するのが投資です。

短期で大きな利益を上げようとするのは、悪いイメージの投資です。

要はハイリスク・ハイリターンのギャンブル性の高い投資にならざるを得ません。

そうでなく、まだ大丈夫と思っているうちから小額ずつ運用します。

20年、30年先の為に運用するように考えましょう。

20年先お金に困るかどうかはわかりませんが、だからこそ今から始めるのです。

小額を30年運用した時の利益

10kyen
毎月1万円ずつ預金していけば30年後は400万円程度ですが、毎月1万円ずつ投資をすれば、年利5%の運用で700万円程になります。

300万円も差が出ます。

実際は5%以上で運用できると思いますので、更に大きな差となります。

あなたが30代であれば、30年後は60代。

これだけ差が出れば、きっと60代のあなたは、30代の今のあなたに感謝するはずです。

長期間運用する事で、毎月の投資金額が1万円と小さくても、将来の金額差はさらに大きくなってゆきます。

だから、投資金額を少なくしたい場合には、早めに始めた方が断然得なのです。

悩むのであれば、今すぐにでも口座開設をして、まずは今月分の1万円を投資する事をお勧めします

1ヶ月でも早く始めましょう!

 
年利5%~10%で運用できる投資は融資型クラウドファンディングがお勧めです。
関連記事:
融資型クラウドファンディングの主な運用会社と利回り

-コラム