100万円を投資するか、1万円ずつ投資するか

資産運用の原則は「長期運用」と「分散投資」です。

短期での利益を目指すのではなく、長期間で資産を形成する事を考える。

そして、様々な案件に投資を行いリスクを分散して運用します。

100万円を運用する場合

count-money
例えば融資型クラウドファンディングで運用する時、上の原則に沿って投資を考えるなら100万円を一つのファンドに投資する事は避けます

10万円ずつ10のファンドに投資をするか、5万円ずつ20のファンドに投資します。

手数料は投資家へチャージされませんので、いくつのファンドに分散しても構いません。

運営会社も3つか4つに分散します。

ファンドの中の案件も分散しましょう。

ひと月で100万円を全て投資する必要はありません。

あせらず適切なファンドの募集があるまで待ちましょう。

例えば

・クラウドクレジットで「30万円」運用

ハイリターンな10%前後の利回りファンドに10万円ずつ。
但し、為替リスクヘッジあり、バランス型、小口分散で安全性は確保します。

・クラウドバンクで「30万円」運用

ミドルリターンな6%前後の利回りファンドに10万円ずつ。
案件は再生可能エネルギーと中小企業支援ローンなど、異なる案件に投資します。

・SBIソーシャルレンディングで「20万円」運用

ローリターンな証券担保ローンファンドに10万円ずつ。
(予定利回り2.5%)
2週間ごとの募集なので、2回に分けて投資します。

・maneoで「20万円」運用

ミドルリターンな6%前後の利回りファンドに10万円ずつ。
但し、ファンドの案件は不動産関係、太陽光開発事業などと分散します。
(ノンリコースローン契約のファンドは避けた方がいいかもしれません。)
最近出る「保証会社付き安心ファンド」に優先して投資しましょう。

 
この様に、利回り、運営会社、案件をばらして分散します。

もちろんすべて担保と保証付きのファンドを選びます。

この例えで考えると、全体でみると約7%のリターンになります。

全体の利回りを増やしたい人は、maneoの代わりにラッキーバンクを入れてもいいですし、クラウドクレジットの比重を上げても良いでしょう。

担保と保証でどれだけ回収される?

全体で利回り7%なので、100万円の投資で約7万円のリターンです。

どこかの融資先が債務不履行に陥っても、ファンドへの投資が10万円の内、5万円程回収できれば元本割れは防げます。
(債務不履行が1社の場合)

担保と保証の設定されているファンドなら、債務不履行でも回収ゼロは無いと思います。

運営会社には頑張ってもらい、担保と保証でせめて融資額の半分は回収して欲しいですね。
(もちろん利益の為に、目標は全額回収でお願いです。)

適切な担保設定であれば、半分の回収であれば問題ないかな!?

毎月1万円ずつ投資

10k
毎月1万円ずつ投資する事も可能です。

ただ、注意したいのは投資の手数料は不要ですが、金融機関からの振込手数料は必要です。

ですから、毎月積み立ての様に運用するのではなく、半年くらいまとめて一気に投資をした方が良いと考えます。

 
毎月1万円だと1年で12万円。

10年でやっと元本が120万円になります。
(複利で運用していれば、もう少し元本は増えます。)

この様な投資は最初の元本が小さい為、早く始めて、長く続ける事が重要です。

もちろん投資時には案件や運営会社が被らないように分散します。

 
悩む人は、この様にシミュレーションをします。

おおよその利回りを計算し、少ない金額を長期間運用するか、沢山の資産を一気に分散投資するか。

どちらが自分に合った投資かを考えて、運用するようにしましょう。

-コラム