年齢制限を確認!未成年でも投資できる融資型クラウドファンディングは?

融資型クラウドファンディングの口座を開設できる条件の一つに年齢があります。

殆どの会社は未成年の口座開設を許可していませんが、未成年でも可能な会社はあります

同じように、年齢の上限もありますので一覧にしてみました。

登録可能年齢一覧

運用会社 年齢制限 備考
ラッキーバンク 20歳以上、75歳未満 75歳以上は要問合せ
クラウドクレジット 20歳以上、75歳未満 75歳以上は要問合せ
クラウドバンク 75歳未満 「未成年口座」で開設可
SBIソーシャルレンディング 20歳以上、75歳未満
maneo 20歳以上、75歳未満 75歳以上は個別対応
トラストレンディング 20歳以上、75歳未満
OwnersBook 20歳以上、75歳未満 75歳以上は個別対応

この様に、何社かを確認してみましたが、未成年名義で特別講座を開設できるのはクラウドバンクのみでした。

■ クラウドバンクの関連記事
⇒ クラウドバンクの記事一覧へ

未成年でも資産管理の勉強は重要

jk
私は個人的には未成年の資産管理の勉強は大切だと思います。

未成年だからこそ、小額運用可能な融資型クラウドファンディングが適していると思うのです。

株式投資やFXなどよりもギャンブル性も低いので、ハマる事も無いでしょうし、時間も取られません。

でも、お金の事を学校で勉強するってタブー視されている気がします。

投資を促進させたいが心理的障壁は放置

日本では資産運用の大半が預金である事に対して、政府は憂いています。

この状況を打開すべく、金利をマイナスにしたり、NISAを始めたりと、様々な政策で投資を後押ししています。

でも、一番重要なのは人々の心理です。

投資に対して悪いイメージがある以上、どんな政策を実施したところで心理的に拒絶されます。

そして、その悪いイメージは誤った知識が基になっています。

だから、未成年のうちに勉強させるのです。

投資はギャンブルの様に運用するものではなく、上手に付き合って自分の資産を運用し、豊かな生活を実現するんだと。

だから、しっかりと教育しながらであれば、未成年者の口座開設は許可するべきです。

と、個人的に思います。

-融資型クラウドファンディング