サラ金と融資型クラウドファンディングのつながり

2017/01/24

サラ金(消費者金融)は、人にお金を貸して利子を付けて回収する事で運営しています。

有名どころでは、プロミスやアイフル、アコム、モビットなども消費者金融の会社です。

サラ金のイメージ

telephone
サラ金と聞くと、どんなイメージがありますか?

怖い。
嫌がらせ。
高利子。
何があっても絶対回収。

まあ、確実に返済していれば無いと思いますが、返せない時にはこんな状態になります

回収のプロたちですから。

だから、ブラックな会社でない限り審査(年収、他社からの借り入れ、過去の延滞など)を行います。

そして、借りた側も必ず返済しますよね。

借りたものですし、怖いですから。

この様な恐怖の取り立ては担保設定が無い場合ですが、もし担保設定と連帯保証があれば確実に回収できると思います。

融資型クラウドファンディングとのつながり

chain
融資型クラウドファンディングの会社の中には、この様な消費者金融に対して融資を行っている会社もあります。

例えば、SBIソーシャルレンディングの「SBISL不動産担保ローン事業者ファンド」、maneoの「事業性資金支援ローンファンド」(の一部)などです。

 
一般消費者から見れば、どんなに巨額でも、消費者金融などは絶対に貸した金は回収すると認識します。

という事は、このファンドは投資家から見ても安泰です。

なぜなら、融資した金はどんな手を使ってでも、絶対に回収されるからです。

もしかしたら多少の遅延はあるかも知れませんが、元本を割る事は無いでしょう。

特に担保設定されているなら、ほぼ間違いなく回収できると考えて良いのではないでしょうか?

だって、逆の立場で自分が消費者金融でローンを組む時、担保まで設定されたら何が何でも全額回収されてしまうと思いますから。

これは一例ですが・・・

pointedlady
思ったよりも身近(?)で融資型クラウドファンディングの融資先の例を挙げる事が出来ました。

融資をしても、しっかりと資金の回収が可能なのかを心配されている方も多いと思います。

この例ではありませんが、返済能力の審査適切な担保の設定連帯保証の設定がなされていれば、安全性は高い事は間違いありません。
(「適切な担保」とは、担保評価額と融資額の余力や売却の容易さなど)

運用会社の公式サイトにあるファンド詳細に目を通し、担保と保証をしっかりと確認し、安全性の高いファンドで投資デビューしましょう。

 
● SBIソーシャルレンディング公式サイト入口
⇒ SBIソーシャルレンディング

● maneo公式サイト入口
⇒ ソーシャルレンディング maneo

-コラム