初めてのクラウドファンディング投資の人にお勧めな安全ファンド

2017/02/09

融資型クラウドファンディングという投資を知って、ちょっと半信半疑になりながらも興味を持っている人は多いと思います。

そこそこの会社が参入していますので、どこから始めればいいのかわからない。

と言う方の為に、「どの会社のどのファンドなら安心して運用できる」と言う情報をお伝えします。

先ずは投資の方針

sign-board
方針と言っても難しい事を言うつもりはありませんが、リスク低減の為に数社への分散投資が基本です。

なので、「この会社に投資する!」と絞るのではなく、危険そうな会社はとりあえず除外して、安全そうな会社を数社選び運用するようにします。

危険な会社

stop
危険な会社は何社かありそうです。

ただ本当に会社自体が危険なのか、一つの融資先が焦げ付き複数ファンドに影響しているだけで、他のファンドは問題なく運用されているのか。

分かりかねるところがあります。

そんな状態で社名を出してしまうと名誉棄損、営業妨害で訴えられるかもしれません(^-^;。

なので、社名を出す事は控えさせていただきます・・・。

ちなみに、融資先が債務不履行に陥っても運用会社は損害を受けません。
損害を受けるのは、投資家です。

安全な会社

arrow-light
危険な会社と同じく、安全な会社だってどこまで安全か。

投資家の立場からは判断するのは難しいでしょう。

順調な会社だって、融資先がトラブれば一気に危険リストに入るかもしれません。

しかし、これまでの実績や扱っているファンド、その条件などを考慮して、安全と思われる会社とファンドを選んでみました。

あくまでも最終的な判断は投資家自身に委ねられております

熟考の上ご判断ください。

具体的な会社名とファンド名

list
現在以下のファンドであれば、初めての投資でも安心して投資できると思います。

■ maneo

maneoと言えば安定のmaneo、実績のmaneoです。
投資家登録者数も募集金額も、他社よりも群を抜いています。

【保証付きファンド】

たまにですが、保証付きファンドが出てきますので、どうしてもリスクを回避したい場合にはそれを狙いましょう。

利回りは5%~、運用期間も1年前後。
特に目立った箇所は無いですが、安定性を考慮すると必ず分散先に入れておきたい老舗会社です。

maneo公式サイト
⇒ ソーシャルレンディング maneo

■ ラッキーバンク

ラッキーバンクは全てが不動産担保のファンドです。
利回りは10%前後で、運用期間は15ヶ月~20ヶ月。
(3ヶ月とかもたまに有り)

担保となる不動産の立地は都心部です。
担保余力が少ないのは少し気になるところですが、都心物件の為値下がりも少ないと読んだのか、一番人気の運用会社です。

ラッキーバンク公式サイト
⇒ 全案件不動産担保で安定のラッキーバンク

■ クラウドクレジット

クラウドクレジットは実質年利が5~10%、運用期間は最大7ヶ月~3年程です。

【債務者支援ファンド】

お勧めは小口分散され、ある程度の貸し倒れは想定済みである「債務者支援ファンド」です。
債務者支援ファンドでも、条件があります。
・「リスクヘッジあり」を選ぶ事。
・「ハイイールド型」は選ばない事。

クラウドクレジットは、途上国への融資の為、リスク管理に余念がありません。
小口分散で、融資先が一定数貸し倒れを起こす事も織り込み済みな所が評価できます。

詳しくはコチラの記事
⇒ 高利回りにはワケがある!クラウドクレジットが怪しくない理由
⇒ クラウドクレジットが運用状況公開!投資家は実績確認が可能に!

クラウドクレジット公式サイト
⇒ ソーシャルレンディングならクラウドクレジット

■ SBIソーシャルレンディング

SBIソーシャルレンディングでは、個人的に次の証券担保ローンファンドがローリスクと考えています。

【SBISL証券担保ローンファンド】

このファンドは予定利回り2.5%、運用期間1年です。
融資対象は個人か法人で、SBI証券で株式運用をしている人が対象です。

担保は株式で、融資額は評価額の7割程となっています。
株式は不動産などと比較し流動性の高い担保であり、返済遅延しそうであれば株式を売却して返済金に充てる事が出来ます。
株価が暴落した時には元本割れする危険ももちろんありますが、流動性の高さは魅力的です。

SBIソーシャルレンディング公式サイト
⇒ SBIソーシャルレンディング

まとめ

pointedlady
個人的見解ですが、上記のファンドであれば安心して運用できると思いますので、初心者向きです。

これらの会社の公式サイトから口座開設をし、先ずは数社での分散投資を体験してみましょう。
(口座開設手数料、口座維持手数料、運営手数料など一切不要です。)

このファンドで運用をしながら、徐々に他のファンドにも投資を広げると良いと思います。

運用会社について詳しくは、こちらの記事からご覧ください。
⇒ 融資型クラウドファンディングの主な運用会社と利回り

-融資型クラウドファンディング