融資型クラウドファンディングはNISA口座が使えない

融資型クラウドファンディングで1つ残念な事があります。

それは、NISAの口座で運用できない事です。

NISAとは?

thinking-person
この記事を読んでいる方であれば、既にNISAとは何かをご存知だと思います。

簡単に説明します。

NISA(ニーサ)とは2014年から導入された「小額投資非課税制度」です。

大半の資産が貯蓄で眠っており有効活用されない日本で、資産を預金から投資へ回す為に作られた税金の優遇制度です。

具体的に言えば、年間投資額120万円まで最長5年間は投資の利益が非課税になるのです。

NISAで運用すると税金はいくら得するの?

thinking-lady
株式投資の場合、利益に対して20.315%の税金が掛かります。

例えばですが、120万円で株式を購入し、売却にて10万円の利益を得る事が出来たとすると、2万円程税金で引かれるのです。

NISAの口座で運用していれば、この2万円は引かれません。

5年間毎年10万円の利益が出ていれば、毎年2万円節税できるので10万円も変わってきます。

これから投資を始めようと考えている人は、非常に魅力的な制度です。

対象となる投資商品が決まっている

anger
しかし、残念な事に冒頭の話題に戻ります。

対象となる投資商品は決まっております。

株式ETF(上場投資信託)REIT(不動産投資信託)や、株式投資信託等です。

クラウドファンディング、債券投資、FXなどでは対象外だそうです。

株価上げたいだけだろっ!

FXが認められないのはわかりますよ。

市場に資金が提供されているというより、マネーゲームの雰囲気が強いですから。

債券投資だって、国債や地方債は市場にお金を供給するというより、資金調達。

これらと異なり、融資型クラウドファンディングは、企業にちゃんとお金が流れているじゃないですか。

何が違うんでしょうか。

恐らく政府は株価を上げたいだけなんでしょうね・・・。

と言うわけで、税金掛かります

tax-office
だから、融資型クラウドファンディングは税金が掛かります。

利益に対して20.315%

残念ではありますが、文句を言っても何ともなりません。

なるべく利回りの高いファンドで運用し、税金分をはねのける利益を出すように頑張りましょう!

 
■ 融資型クラウドファンディングについてはこちらの記事を。
⇒ 融資型クラウドファンディングは単純で簡単な投資
⇒ 融資型クラウドファンディングを利用する会社が銀行から借りない理由
⇒ 融資型クラウドファンディングのリスク管理方法
⇒ 融資型クラウドファンディングの主な運用会社と利回り

 

-融資型クラウドファンディング