投資の損失を勉強代として活かす為には

資産運用で投資を行う際に当然心配なのが損失を出すリスクです。

しかし、プロでも100%の勝ちは有りません。

素人ならばいつかは損失を出すのが当然ですが、損失を出したから学べる事も多いと思います。

長期的な運用を考えているのであれば、早い段階で損失を出して多くを学んでおいた方が確実な運用が期待できると考えています。

成功体験だけではダメ


「成功体験だけではダメ」とありますが、成功体験だけを積み重ねるとリスクに関する感度が鈍くなってきます。

気持ちの中に油断も現れます。

例えば最初は50万円限定で慎重に投資を行っていたけれど、調子が良いからと更に50万円を投資元本に回すとします。

追加投資は別に悪い事ではありません。

問題は損失を出した経験がない事から、リスクに対して油断した状態で追加50万円を投資してしまう事です。

順調に投資を行う中で段々と元本を増やし、大きな金額になってから失敗すると損失額も精神的ショックも大きくなります

その様な様状態になる前に、投資初期の少額の頃に小さな失敗を重ね、リスクに対しての心構えを経験として身に付ける事が大切なのです。

そうは言っても、投資初期の段階での失敗は「投資はやはり怖い」と思ってしまいます。

重要なのは、「投資は怖い」と言う感情に支配されるのではなく、その経験を「ただの損失」で終わらせない切り替えです。

損失の経験を「長期的に考えれば為になった経験」とする事が、投資を続ける上で大変重要な事なのです。

融資型クラウドファンディングでも一緒


プロの投資家でも損失を出す事はあります。

言葉を変えれば、個別には損失を出しながらトータルでプラスにしているのです。

融資型クラウドファンディングでも一緒です。

知る限りでは、明らかに株式投資等よりは損失の発生する事は少ないと思いますが、損失の発生したファンドはゼロではありません。

完全に運営会社任せと思う融資型クラウドファンディングも、リスク回避の策は存在します。

損失の発生する事が少ない投資なので、損失を経験する事すら余り無いかもしれません。

しかし、絶対損失を出さない意識を持ちながらも、損失を出してしまった時の気持ちの持ち方は考えておいた方が良いかもしれません。

私の損失経験


私も融資型クラウドファンディングで投資を行っておりますが、損失を出したことがあります。

当然様々なファンドに分散していた為トータルではプラスなのですが、投資開始後一度も損失を出していなかった為、元々リスク回避として心掛けていた事を忘れておりました

損失を経験する事で「ちゃんとリスク回避しよう」と再認識する事が出来たので、末永く付き合っていく今後の事を考えれば、良い経験となりました。

考えていたリスク回避策と何故やれなかったのか

私が融資型クラウドファンディングで投資を行うに当り考えていたリスク低減策は、「徹底した小額分散」です。

少額を多数のファンドに分散し、万一どれかのファンドがコケたとしても損失を最低限に抑え、残るファンドの利益で相殺する作戦です。

リスクを回避すると言うより、リスクが現実化した時に受ける影響を最小限に抑える考えです。

最初は慎重に少額を多数ファンドに投資していましたが、徐々に自分ルールは崩れてゆきました。

自分ルールが崩れた理由

自分ルールが崩れた理由は、簡単に言えば「油断」です。

最初は少額を多数ファンドに分散し投資していましたが、債務不履行を起こす事も無く順調でした。

その為、徐々に慎重さが無くなってくると同時に、ファンドを選ぶのが手間になってきたのです。

そうこうしているうちに、いつの間にか多額を少数のファンドに集中させる様になっていました。

結果その中の一つのファンドで返済遅延が発生。

現在運営会社が回収中なので損失額が確定していませんが、雰囲気から100%の回収は難しいと感じています。

少額分散投資の効果

元々は1つのファンドに1万円~2万円程度で投資をしようと考えていましたが、油断しているうちにいつの間にか10万円単位で投資をしていました。

現在8万5千円程回収済みなので、現時点で1万5千円程マイナスです。

もしこのファンドへ2万円だけしか投資していなければ、損失は3千円程度だったはず。

損失を最小限に抑える作戦は大成功だったはずです。

例え1万5千円が損失額となっても、トータルでマイナスになる事はありません。

しかし、損失が数千円であればもっと利益率は良くなっていました。

全然痛くないレベルの損失だったでしょう。

手数料の掛からない融資型クラウドファンディングだからこそ、どれだけ分散しても損になりません。

手間と思わずに、もっとこの利点を活用すべきでした。

良い勉強になりました


損失を出したファンドの回収はまだ終わっていませんので、最終的に損失はもう少し少なくなると思います。

しかし、今では損失額よりも「いい勉強が出来た」と思っています。

これからも長く付き合ってゆくつもりの融資型クラウドファンディングで、気を付けなければならない事を身をもって体験できました。

その後にすぐ投資をしましたが、1ファンド2万円程度に抑えています。

これからもちょくちょく損失を出すかもしれません。

その都度勉強として、上手に付き合っていきたいと考えています。

そう考えれば、損失を出す事も怖くなくなってきました。

心構えまで学べた今回の損失は、本当に有意義な勉強代でした。

-リスク・安全性の記事