資産運用を始めて良かった事

私が資産運用に興味を持った最初のきっかけは、「金持ち父さん貧乏父さん」の本を読んだ時でした。

多分、投資を始めるきっかけとしてこの本を上げる人は、かなり多いのではないでしょうか?

最初は投資の本とは知らずに、タイトルに惹かれて購入しました。

投資なんて全く興味なかったのですが、読み進めていくうちに「お金の為働くのではなく、お金に働かせる」と言う概念に感銘を受けました。

2005年の事でした。

実際に投資を行うまで

calendar
本を読んでから10年近く経過し、具体的に資産運用を始める事にしました。

マイナス金利になった事が、「興味」を「行動」に移す事になったきっかけです。

資産運用を色々調べていると、株式投資や投資信託、債券投資など様々な種類がある事を改めて知ります。

その中で、一番目を引いたのが、融資型クラウドファンディングでした。

資産運用を行って良かった事

anshin
資産運用を始めてみて、何が良かったのかなあと考えてみました。

1、将来の楽しみができた事

やはり、なんだかんだ言ってもお金は大切です。

それが少しずつでも増えてゆき、自分の行った投資が成果を上げているのを見ると、嬉しくなってきます。

「金が増えるしか楽しみが無いのか!?」

と白い目で見られそうですが、他にも趣味はありますのでご心配なく。(^-^;

2、お金との立場が逆転した事

「金持ち父さん貧乏父さん」でもあったように、お金に働かさせると言う事を実際に行う事ができたという事です。

まだ100万円レベルの投資ですが、もっともっと働いてもらう事を考えています。

これまで散々お金の為に働かされましたからね。

これからは、逆襲です。

と言っても、完全にお金を支配する事ができる訳では無く、まだまだお金の為に働かなければいけないワタシ。

完全に立場が入れ替わるのは、相当先になりそうです。
(そんな日が来るかどうかすら怪しい・・・。)

3、お金が増えた事

単純に、お金が増えたし、これからお金が増える見込みがあるという事です。

20年で数千円と言う雀の涙の預金利息ではなく、数十万円や数百万円レベルの話です。

これで人生が安泰になるわけではありませんが、何もしていない人に比べて車一台分のお金が増えるのです。

もちろん損失を出すかもしれませんが、その場合でも何とか元本は確保できるように知恵を使って頑張ってみたいと思います。

4、お金について考える様になった事

融資型クラウドファンディングで資産運用していますが、当然他の投資商品に関しても勉強します。

その様な投資の本では、投資の前に家計の収入と支出に関してや、将来に必要となるお金の事も書かれています。

この事で、家庭の出費を見直しました。

スマホを格安にして支払い料金を5千円程安くしたり、コンビニでの買い物を控えたり。

出費だけを見ても、大した我慢もせずに月に1万円は抑える事ができているので、この1万円も投資へ回っています。

5、具体的な将来像を描くようになった

自分や家族の将来とお金は密接に結びついています。

お金を考える=将来を考える」と言う事です。

・子供が大学に行くのはいつか?いくら必要か?
・車を買い替えるのはいつか?いくら必要か?
・不測の事態に備えて、流動性の高い資金は幾ら確保しておくか?
・家はいつ買って、どの様にローンを払ってゆくのか?
・老後にはいくら必要になるのか?

現在の収入をベースに、投資にはいくら回して、どの程度のリターンを想定し、そのリターンで得たお金は何に使うのか?

具体的なライフプランを考えるきっかけにもなりました。

まとめ

pointedlady
何だか、「お金、お金、お金」って、お金の事ばかりでガメツイなあって感じてしまいました。

でも、これって本心ですよね。人間の。

お金で買えないものは沢山ありますが、お金が無いだけで心の余裕がなくなります

幸い現時点では損失を出す事無く運用出来ています。

損失無く運用出来ているのは、融資型クラウドファンディングだからこそ成せる業だと思います。

今後20年程運用する予定でいますが、その期間中損をしない事はあり得ないと思います。

運営会社が倒産するケースも出てくるでしょう。

これまで損してないからこれからも損しない。

って考えを持たない様に気を付けて、常に慎重に投資先を選んで運用を続け、着実に資産を増やしていきたいと考えています。

-コラム