クラウドクレジットが遂に「預託金口座」を開始!

2016/10/25

延期されていました「預託金口座」と「最低投資金額1万円」ですが、遂に’16年11月1日より実施されると発表がありました!
投資効率アップや振込手数料不要となる為、大歓迎です!

 
クラウドクレジットで不便だった投資毎の振り込みですが、ついに「預託金口座」が開始されるので解消されます。

他社では普通に行われている「預託金口座」ですが、これは投資家の手間を省く仕組みです。

これまでクラウドクレジットはファンドへ投資する度に、自分の銀行口座からクラウドクレジットの口座へ送金し、分配の度にクラウドクレジットの口座から自分の銀行口座へ振り込まれておりました。

ccredit-account-control

上図は公式サイトから拝借した「これまで」と「これから」の流れです。

ファンドに投資する時に、毎回銀行口座からお金の振り込み手続きを行う必要があります。

クラウドクレジットから利息分配される時も、小額でもいちいち銀行口座へ振り込まれておりました。

これでは手間もかかるうえ、何より投資家もクラウドクレジットも振り込み手数料がバカになりません。

3月頃より準備しているとの話が有りましたが、やっと実現されました。

資金を預けて大丈夫なのか?

thinking-lady
プレスリリースでは、投資家からの預託金はクラウドクレジットの銀行口座とは別の専用口座で管理されており、クラウドクレジットの財産とは分別して管理されているとの事です。

特別な運用方法ではなく、他の運営会社に仕組みが追いついた感じなので、特に警戒して身構える事も無いと思います。

ついでに最低投資金額が1万円になる!

10k
プレスリリースには、同時に最低投資金額が現在5万円のところ、1万円に減らすと発表されています。

現在募集されているファンドは5万円のままなので、恐らく次の募集ファンドから最低投資金額が1万円になると思われます。

気軽に投資をしてもらいたい意向だと思いますが、5万円のままで良かったんではないかな?と言う気もします。

投資をしようと考えている人は、最低投資金額が5万円でもします。

逆に興味の無い人は千円でも投資なんてしません。

敷居が低くなった事で、冷やかしで投資をする人がちょっとは増えるかもしれませんが、登録者数を大きく増やす原動力にはならないと思います。

でも、最低投資金額も高いよりは低い方が柔軟性のある投資が出来ていいんですけどね。

 
■ クラウドクレジットの公式サイトはこちらから!
⇒ ソーシャルレンディングならクラウドクレジット

-クラウドクレジット