私が最初の投資先にラッキーバンクを選んだ理由

2017/02/09

私は資産運用をしていますが、融資型クラウドファンディングのみでの運用です。

株式や投資信託などには手を付けておりません。

それは株式や投資信託のリスクを嫌い、融資型クラウドファンディングのメリットに引かれての事ですが、その中でも最初はラッキーバンクから投資を始めました。

関連記事:融資型クラウドファンディングのメリット・デメリット

他にもたくさんの会社がある中で、何故ラッキーバンクからスタートしたのでしょう?

投資の戦略

chess
戦略と言う程ではありませんが、利回り7%以上(税引き後利益5%以上)で運用すると考えていました。

そして、段階的に運営会社を3社~4社へ増やす予定でおりました。

ラッキーバンクでは利回り9%~10%で運用されておりますが、その他の運営会社は税引き前で7%や5%と、私の目標に対しては低い利回りです。

でも1社に投資資産全額を運用するのもリスクがあるので、分散せざるを得ませんでした。

高利回りのラッキーバンク

lucky-bank
と言うわけで、100万円を元本として運用するわけですが、比率としてはラッキーバンク50%、クラウドクレジット30%、クラウドバンク20%で考えておりました。

利回りの高さも、「ラッキーバンク>クラウドクレジット>クラウドバンク」の順番になっています。

最初の投資という事もあり、投資比重が大きく、且つ利回りの高いラッキーバンクで、様子を見ながら運用する事にしました。

ラッキーバンクで投資した場合の、恐らく損をしないであろう手法も考えていましたが、いきなり全額を投資するのは庶民のする事ではありません。

思った以上に対応が悪かったり、口コミからは拾えない想定外のトラブルも想定し、先ずは10万円を投資しました。

大人気

jump-girl
ラッキーバンクは場合によっては数分で2千万~3千万円のファンドが埋まる、大人気な会社です。

一人当たりの投資金額が平均すると高いのだと思いますが、募集開始時間前にはパソコンの前で待機していなければなりません。

それに関しても、私自身は結構時間に融通が利くので問題視しませんでした。

運営会社の安定性

money
この様に、大人気なラッキーバンク。

他の運営会社では、募集ファンドの金額を常に満額で運用する事は余りありません。

場合によっては、募集金額が少なくてキャンセルになる場合もあります。

そんな中で、ラッキーバンクは毎度毎度満額運用です。

運営会社の収益は、融資先の会社への貸付利息の数パーセントを手数料として抜き取ります。

という事は、貸付額が多ければ多い程、運営会社の収益は高いという事になります。

常時満額運用されているラッキーバンクは、高い収益を確保できているのです。

最初に投資する先が不安定な会社では、余計な心配が増えてしまいますので、収益が安定している会社を選びました。

投資してみて

pointedlady
実際に投資してみると、問題無しです。

元々そんなに難しい投資でもありませんので、問い合わせす事も何もありません。

よって、システムに乗せて投資を行い、分配金を受け取るという機械的な投資が出来ています。

翌月には予定していた残り40万円の投資も行いました。

■ ラッキーバンクへの投資はこちらから
⇒ 全案件不動産担保で安定のラッキーバンク

■ 引き続きクラウドクレジットへ投資

crowd-credit
続いてクラウドクレジットの口座も開設しておりましたので、最初の様子見で10万円を投資。

クラウドクレジットは、ファンドによって性格が異なる為、利回りだけ見るとリスクがちょっと高かったりします。

その中で、更に利回りが低くなるクラウドバンクの事も見据えて、安全性と利回りの適切なファンドを選ばなければなりません。

「今の時点では円高だから、辛うじて為替リスクヘッジ無しのファンドでもいいかな・・・。」

「小口分散は譲れないな・・・。」

「このファンドだと、実質的な利益は6%になっちゃうな・・・。」

参考記事:クラウドクレジットは利益率で考えよう

単純な投資だけど、その中でも考える事があって楽しいものです。

■ クラウドクレジットへの投資はこちらから
⇒ ソーシャルレンディングならクラウドクレジット

■ クラウドバンクへの投資は・・・

crowd-bank
クラウドバンクへの投資は、口座開設の時点でつまずきました。

つまずいたと言っても、100%私が悪いんです。

何も難しい事は無いんです。

実は、以前ちょっとだけ冷やかしで、口座開設の仮登録までしたのです。

その時のメールアドレスが先方に残っており、「このメールアドレスは登録済みです。」と表示されてしまいます。

仮登録時のURLは24時間しか有効でない為、既に使えません・・・。

ツマラン事するんじゃなかったー!

という事で、クラウドバンクに問い合わせなきゃいかんと思いながら、放置です。

まあ、取り合えずは上の2社への運用で様子見るのもいいかな。

20年以上の長期的視野に立った投資をするつもりですから。

■ クラウドバンクへの投資はこちらから
⇒ クラウドバンクで資産運用

-ラッキーバンク