ラッキーバンクの経営陣

2017/02/09

ラッキーバンクと言う高利回りな不動産特化型の融資型クラウドファンディング運用会社ですが、どの様な人が経営しているのでしょうか?

経営者の経歴を調べてみました。
(2016年8月16日時点での情報です。)

田中翔平氏(代表取締役社長)

余りしっかりとした経歴は見当たらないものですね。

個人情報保護の為でしょうか?

企業を代表する方であれば、学歴や職歴くらいはオープンにしてもよさそうなものですが・・。

ネット上で拾えた経歴は次の通りです。

船井財産コンサルタンツ(現・青山財産ネットワークス)に入社。

個人コンサルティング事業部にて資産構成、税務、不動産業務に従事。

不動産事業会社を経て、2014年5月にラッキーバンク・インベストメントを設立。

奥山晴雄氏(取締役副社長)

セミナー関連のサイトに経歴がアップされておりましたので、拝借致します。

東京大学法学部卒業後、ハーバードビジネススクールPMDを経て、安田信託銀行(現みずほ信託銀行)に入社。

米国ニューヨーク支店とロサンジェルス支店に約9年駐在し、帰国後、本店投資金融部長に就任。

同行を退職後、外資系不動産投資会社セキュアード・キャピタル・ジャパン株式会社、執行役員部長、KW Investment株式会社社長などの要職を歴任し、不動産投資(約500億)やファンド組成で成果をあげた。

その後、株式会社ランド(東証一部)に入社、常務取締役ソリューション事業部長に就任。

その後独立し、不動産投資及びM&Aのアドバイザーとして活躍。

早い話、不動産投資関係の専門家ですね。

阿佐見税氏(取締役)

経歴を得られませんでした。

中山義活氏(監査役)

経歴を得られませんでした。

それがどうした?

cat
中途半端な記事になってしまい申し訳ございません。
m(__)m

社長と副社長の経歴は不動産や金融関係で経験を積んできており、新規雇用の従業員も「不動産の目利きの出来る人を雇う。」と話していましたので、専門家集団ではあるようです。

実際に運用されている案件も都心の優良案件が多く、運用実績も今のところ問題ありません。

何より投資家の人気が高くファンド募集毎に満額運用されている上、他の運営会社では見られないような巨額な資金を投資する人もいます。

これは、総合的な経営能力としても評価されている事を意味します。

もしあなたが、ラッキーバンクへの投資が心配で様子見しているのであれば、私は「試してみる価値有り。」とアドバイスするでしょう。

 
■ ラッキーバンクの公式サイトはこちら
⇒ 全案件不動産担保で安定のラッキーバンク

-ラッキーバンク