利息の塵を積もらせて、資産の山を築きましょう!

5%の利回りなんて、100万円運用したってたかが知れている。

そんな知れている利回りで運用するくらいなら、何もしなくて銀行預金でも一緒。

お金に関して無頓着な人はそう言います。

でも、少しでも考えている人であれば、この利息分は大きな利益です。

お金の事を考えている人・いない人

thinking-couple
例えば年に5万円の利益が出たとします。

あまり考えていない人は、「5万円の利益が出た!」って、何も考えずに使っちゃうでしょう。

使っちゃうから、5万円が増えようがあまり変わらないのです。

しかし、お金のことを考えている人は、どの様に貯蓄するかを考えています。

この5万円を複利運用して毎年元本を増やせば、何年後には大きな利益になる。

とか、

投資で得た利益は5年間貯めて、海外旅行へ行く!

とかです。

お金の事を考えずに投資すればそれはただの利息ですが、お金の事を考えていれば、わずかな利息が大きな意味を持つ金額になるのです。

利息は塵でしかない

cleaner
株式投資でも融資型クラウドファンディングでも、年利回りで考えれば5%~10%です。

100万円を運用しても、1年後に利益になるのは税金を引かれて5万円くらい。

先にも申し上げましたが、お金の事をちゃんと考えていない人にとってみれば、1年で5万円利益が出たところで金持ちにはなれないと考えます。

だから、適当に使って1ヶ月でなくなってしまうのです。

でも、この塵の様な利息をどの様に積もらせて山にするかを考えれば、必ず大きな山になります。

適当な事に使って消える事は無く、しっかりとした目的の為に使う事が出来るようになるでしょう。

お金を儲けたい人には向かない

zeni
この様な運用なので、お金を儲けたいと思っている人が行うには適しておりません。

その様な人は、投資ではなく投機が向いています。

でも、投機は値動きを読み切る事が出来なければ大きなリスクを伴うもの。

資産運用を考えている人は、やはりお金を儲けたいという気持ちは置いといて、「塵も積もれば山となる」の気持ちで運用しましょう。

銀行では利息の塵すら積もらないクリーンルーム状態です。

融資型クラウドファンディングで、利息の塵を少しずつ積もらせて、10年後、20年後に50万円や100万円の利益を得られるように運用しましょう。

-コラム