融資型クラウドファンディング貸し倒れ実績

何社か運用されている融資型クラウドファンディングですが、貸し倒れの発生しているファンドはあるのでしょうか?

当ブログで扱っています運営会社について調べてみました。

ラッキーバンク

貸し倒れはありません。

クラウドクレジット

クラウドクレジットに限っては、小口分散しているファンドがあります。
この様なファンドは貸し倒れ前提で利回りが設定されております。
一定数の貸し倒れは発生していると思いますが、想定内で運用されており、元本割れは発生しておりません。

クラウドバンク

貸し倒れはありません。

maneo

過去に個人向けの融資を行っていた時には、貸し倒れや元本割れが発生したようです。
現在の企業向けの融資では貸し倒れはありません。

SBIソーシャルレンディング

証券担保ローンファンドに関しては不明です。
不動産担保ローン事業者ファンド、オーダーメード型ローンファンドに関しては貸し倒れの発生はありません。

AQUSH

貸し倒れに至っていませんが、暫く返済遅延しているファンドがある模様です。
考えてみたら、評判が悪くなるのを避ける為に既に貸し倒れ状態なのに「ただの遅延です!」って言い切る事も出来るんですね。
運営会社の良心に任せる事になりますが・・・。
もちろんそんな状態ではないと思いますケド。

遅延情報は不明

貸し倒れが無いのは上々の結果です

返済遅延の話は稀に聞きますが、滞ってる状態ではなく遅れてもすぐ再開されるようなので、現状は許容範囲と考えて様子を見るしかないでしょう。

最悪のケースは元本割れです。

債務不履行に陥って、担保と保証でも元本を回収できない時です。

その状況に至る前段階の「遅延」は想定済みと考えて、ドーンと構えておきましょう。

-融資型クラウドファンディング